「網走水産」実食!口コミレビュー

「網走水産」実食!口コミレビュー

網走水産

 

(以下では、仕入れがもっとも難しいと言われている毛ガニを例にとり厳しめに評価しています)

 

 

本場北海道のカニ業者ならではの豊富な品ぞろえ!安さ!

網走水産

  • 貴重な、未冷凍の「茹でたて」もあります。チョットつまむ用の小容量も豊富。さすが北海道の老舗海産問屋の品ぞろえです。
  •  

  • お値段は安いです。
  •  

  • 実績は卸売りも小売りも〇。
  •  

  • 最低限の品質保証もあります。

 

*5段階3点が平均。詳しい評価基準はコチラ

 

 

 

 

 

 

 

網走水産

 

 

 

 

 

品質

  • 北海道近海で取れた毛ガニ。身入り度合いを示すランクの記載はなし。
  •  

  • ボイル冷凍だけでなく、ゆでたてをチルドで送ってくれる「未冷凍」のかにも取り扱っています。これは珍しい!新鮮でないとできません。
  •  

  • 350g、400g、500g、1sのものを扱っています。

網走水産

 

お値段

  • こちらは売れ筋の商品は高いですが、小容量とか大型カニのような珍しいものだと安くなります。
  •  

  • 冷凍毛ガニは税込・送料別で、500gx2杯で7,500円。「未」冷凍だとちょっと上がって、500gx2杯で9,800円!です。
  •  

  • 500gx2杯で他の業者と比べてみました。
ショップ名 種類 ランク 値段(税込・送料別)
網走水産 ボイル冷凍 未記載 8,500円
網走水産 ボイル・未冷凍 未記載 9,800円
浜海道 ボイル冷凍 堅ガニ 7,980円
島の人礼文島の四季 ボイル・未冷凍 堅ガニ(チルド) 11,880円

 

  • 1s物の場合は安いですね。
ショップ名 ランク 値段(税込・送料別)
網走水産 記載なし 5,980円
最北の海鮮市場 記載なし 9,800円
らっしゃいかに市場 記載なし 8,980円

*値段は2017年9月12日時点。

 

 

  • この店の売れ筋商品です。
  • 500gのタラバしゃぶ用むき身としては他より安いです。ずわいも400gのサイズは安いです。

タラバしゃぶ用むき身

ズワイしゃぶ用むき身

毛ガニ

生タラバ脚むき身500g

5,500円

(税込・送料別)

ボイルズワイむき身400g

3,800円

(税込・送料別)

毛ガニ5尾2s

9,800円

(税込・送料別)

*値段は2017年9月12日時点。

 

実績

網走水産

  • 水産会社としての実績が40年以上、通信販売は30年以上あります。
  •  

  • 北海道内の土産物店を運営、小売りもしています。

網走水産

 

保証

  • 不良品の場合は返品できます。ただし送料は客負担。
  •  

  • 従業員写真をホームページに載せており、経営の透明性は〇。

網走水産

 

 

運営会社

  • カニ、海産物中心にこの道40年超の実績がある北海道網走の水産会社です。
  •  

  • 北海道内で複数の店舗で小売販売もしています。

 

セールストーク(サイトより)

水産会社ならではの確かな品質!オホーツク海の海産物はもちろんの事、北海道各地より新鮮な蟹や魚貝類を買い付け、出来る限りのコスト削減を目指すように、可能な限り中間業者を通さずに直接お客様の元へお届けしております。

 

だから…良い物をお安く提供できるのです!300種類以上の北海道の味覚を全国へ!網走管内でも有数の最新の巨大冷凍庫と作業効率を上げる広いスペースにより、北海道やオホーツクの美味しい物を全国の食卓にお届けします!

 

網走水産 実食レポート

 

網走水産と言えば、小さい容量のものが豊富で、色々な種類を頼みやすいのがうれしいかに通販業者です。

 

そこで、今回、ちょっと贅沢して、ズワイガニむき身とタラバガニむき身の小さい包装のものを頼みました。

 

上の売れ筋商品で紹介したモノで正式な商品名は、

 

  1. 生たらばがにむき身ポーション500g
  2.  

  3. ズワイガニ棒肉詰め合わせ400g

 

網走水産でも1,2位を争う人気商品です。
ズワイもタラバも普通のボイルのものと迷ったんですが、やっぱり殻をむくのが面倒だったので「むき身」を選んじゃいました。

 

 

外観

 

網走水産のホームページで注文してから、中3日できました。佐川急便の冷凍便です。

 

こんな感じの発泡スチロールの入れ物に入っています。意外と小さかったです。

 

網走水産、容器

 

 

中を開けると、保冷材の中にカニが・・・

 

網走水産、容器

 

 

タラバとズワイのむき身が入ってました。

 

網走水産、容器

 

 

ズワイガニはこういう小箱に入ってました。

 

網走水産、ズワイガニの容器

 

 

タラバガニは、ジップロックのような袋に入ってました。

 

網走水産、タラバパック

 

 

実食!

 

今回は、タラバもズワイもかにしゃぶでいただこうと思います。ズワイとタラバの贅沢カニしゃぶ、一度やってみたかったんですよね。

 

 

それぞれ容器から取り出します。ズワイガニはこんな感じ。中指くらいの一口サイズのものが中心です。

 

ちなみに、数は37本でした。1本あたり10gチョットという事になりますね。

 

網走水産、ずわいしゃぶ

 

 

 

タラバはかなり大きいです。数は13本でした。1本あたり、40g弱ですから、ズワイよりかなり大きいです。

 

網走水産、たらばしゃぶ

 

 

それぞれをジップロックに入れて、流水解凍します。

 

ちなみに、網走水産さんのホームページを見ると、流水解凍か自然解凍を勧めています。今回は、自然解凍するのを忘れていたので、水道水を流しっぱなしで解凍しました。

 

網走水産、流水解凍

 

流しっぱなしと言っても、ジップロックに水を入れて1分くらいでやめました。表面の氷の膜が取れたらOKと思っています。

 

今までの経験から、解凍を完ぺきにしようとすると、水っぽくなってしまいますので、半解凍、「8割まだ冷凍」くらいでもいいと思います。

 

 

半冷凍のままお皿に盛り付けました。

 

網走水産、かにしゃぶ盛り付け

 

網走水産、かにしゃぶ盛り付け

 

 

 

さっそく!「しゃぶしゃぶ」したいと思います。

 

まずは、ズワイガニから。持つ所がないので箸で「しゃぶしゃぶ」。

 

私はしっかり火を入れたいので、途中で鍋に放置しちゃいました。

 

網走水産、ずわいしゃぶ

 

 

火が通ったら、ポン酢につけていただきます!
網走水産、ずわいしゃぶ

 

おいしいー!

 

フワフワです!

 

甘いです!

 

美味しいです!

 

これは「止められない、止まらない!」状態に入ります!

 

37本なんて、あっという間になくなりそうです。

 

 

ちょっとここでこらえて。次は、タラバガニです。

 

タラバのむき身の方は殻がちょっとついているので、「しゃぶしゃぶ」しやすいです。

 

網走水産、たらばしゃぶ

 

 

火が通ったら、
網走水産、たらばしゃぶ

 

 

ポン酢につけていただきます。
網走水産、たらばしゃぶ

 

うおーっ!うまいー!

 

旦那が叫んでました。

 

こちらの方が肉が多いので口の中一杯にカニの味が広がります。

 

個人的には、タラバガニの方が好きですね。その分、高いですけど・・・。

 

 

この後、夫と二人で、無心で食べて、30分もしない内になくなりました。

 

まだお腹いっぱいではなかったので最後は「かに雑炊」で締めました。

 

 

ごちそうさまでした!

 

 

 

感想!

  • 網走水産は小包装が充実しているので、ズワイガニとタラバガニのしゃぶしゃぶを一度にやるなんて贅沢を他より断然!安くできます(それでも3,900円+5,500円かかりますが、他なら軽く2万円越え)。
  •  

  • 味は抜群。特にタラバガニ。スーパーのボイルしか食べた事のなかった私たちには衝撃でした。
  •  

  • 量的には、夫婦二人でもこれだけでは少ないです。他にも、おかずがいくつかあって、メインに、かにしゃぶという感じでしょうか。